屋根塗装

2021.09.03


屋根塗装の劣化をそのまま放置していると、住まい内部に雨水が浸入し、住まい内部の劣化が進行してしまいます。
住まい自体が腐食すると、コンクリートに含まれるセメント成分が中性化して、住まいの耐久性が下がってしまいます。
また、屋根の劣化は、雨漏りやシロアリ発生の原因となりますので、早めに対処することが大切です。

■このような症状は見られませんか?
☑雨漏りがする
☑屋根が割れている
☑屋根にコケやカビで汚れている
☑色あせや色のバラつきが目立つ
☑金属部分に腐食が見られる

これらの症状が見られれば、屋根塗装のタイミングです。
また、その他にも気になる点がございましたら、お気軽にご相談ください。

■塗料選びのポイント
・断熱塗料
太陽による熱伝導を抑えることができ、室内の温度上昇を抑えることが可能です。
室内の温度上昇を抑えると同時に、室内の熱を外へ逃がさないので、夏は涼しく冬は暖かい、快適な暮らしが実現できます。

・遮熱塗料
太陽光を効率よく反射するので、住まいが受ける熱の影響を抑えることができます。
それにより、室内の温度上昇を防ぐことが可能になります。

・低汚染型塗料
汚れにくく、汚れが付着しても雨によって洗い流せる機能がある塗料です。
汚れを自ら分解して落としやすくする、セルフクリーニング機能を持っているため、メンテナンスの手間が省けます。

・防カビ、防藻塗料
カビや藻は美観を損なうだけではなく、湿気を多く含むため、外壁材を傷める原因にもなります。
湿度の高い場所や日当たりの悪い場所で高い効果を発揮します。

PAGE
TOP