外壁塗装

2021.09.03


外壁塗装は住まいの雨風や紫外線から守り、住まいの耐久性を高めてくれます。
そんな外壁塗装を行う目安は、一般的に約10年と言われています。
塗り替えをせずに放置してしまうと、ひび割れやコケが発生し、最悪の場合は雨漏りが進行して建物内部が腐食してしまうことに……。
そうなる前に、定期的なメンテナンスを心がけましょう。

■外壁にこんな症状があれば要注意
☑色あせている
☑ひび割れている
☑塗膜が膨れている
☑塗膜に剥がれやめくれがある
☑コケやカビが生えている
☑サビ汚れがある
☑触ると手に白い粉がつく
☑雨漏りしている

これらの症状は、外壁の防水機能が低下している証拠です。
まだ10年経過していなかったとしても、このような症状がみられる場合は外壁塗装をご検討ください。
関連記事:
外壁塗装の塗り替え時期のサインとは?

■外壁塗装の役割
・美観を保つ
外壁塗装を行うことで、新築のときのような美しい外観にすることができます。
また、従来の外壁色と異なる色合いに変更した場合、今までとは違った雰囲気にすることも可能。
外壁塗装は、住まいのイメージを大きく左右させるものです。

・耐久性向上
塗料が外壁を保護し、耐久性を向上させてくれます。
これにより、外壁だけでなく住まい自体の寿命を延ばしてくれます。

・断熱・遮熱
塗料の中には断熱、遮熱の機能を持つものがあります。
断熱・遮熱効果のある塗料を使用すると、室内の温度上昇・低下を軽減させることができます。
また、冷暖房の効果が高まり、電気代の節約や省エネにつながります。
外壁塗装は、私たちの暮らしをより快適なものにしてくれます。

・防汚
多くの塗料には防汚性を向上させる機能が備わっています。
これにより、外壁が汚れにくくなり、美しい外壁を維持してくれます。
関連記事:
外壁塗装の目的って?

■外壁塗装における塗料選び
・アクリル塗料
特徴:価格が比較的に安価ですが、耐久性が低いです。
耐用年数:5~8年ほど。

・シリコン塗料
特徴:カラーバリエーションが豊富で、遮熱機能が付加された塗料や耐候性の高い塗料など機能性も良いです。
耐用年数:10~12年ほど。

・フッ素塗料
特徴:耐久性と耐候性に優れており、長期に渡り外壁を保護することができますが、価格は高いです。
耐用年数:12~15年ほど。

塗料選びで仕上がりや効果は大きく左右します。
塗料を選ぶ際は「色」「機能性」「費用面」など様々な要素を比較し目的にあったものを選ぶことが大切です。
関連記事:
はじめての外壁塗装で失敗しない!~塗料の種類・選び方~
はじめての外壁塗装で失敗しない!② ~色の選び方~

PAGE
TOP